優秀な欲しい人材を見逃さない!採用管理システム

企業の現状を保つためにも発展のためにも、優秀な人材は喉から手が出るほど欲しい。しかしこの人材不足の世で、採用管理システムを導入すれば本当に問題解決はできるのか?採用に苦戦する人事のために、採用管理システムについて見ていきましょう。

必要な理由はこれ!採用管理システムにできること

採用管理システムを導入するメリット・デメリット

攻めの採用・ダイレクトリクルーティングへの高まり

待ちから攻めに変わった

企業は人材が応募してくるのを待つのが一般的でした。それだと、応募してきた人の中から選ぶことになり、優秀な人材を逃している可能性があったのです。その状況をダイレクトリクルーティングが変えるかもしれません。欲しい人材をピンポイントでリクルートする手法です。企業は欲しい人材以外に手間をかける必要がなくなるのです。この手法が優良な点は採用担当者の手間が無くなるだけではなく、担当部署が欲しい人材を得られることにもつながります。例えば、部署が経歴を指定してもそれに合う人はなかなか採用できません。それがダイレクトリクルーティングであれば、かなり近い人材を見つけることができるのです。人材が欲しい部署からすればかなり有効な採用方法でしょう。

優秀な人材確保に有効

ダイレクトリクルーティングは色々な条件をつけた上で人材を探せます。そのため、優秀な人材を確保できる確率が高いです。企業が欲しい人材について具体的な条件があれば、それに沿って見つけられます。企業が戦略的に伸ばしていきたい分野の人材を集めることも可能なのです。また、新しい事業を立ち上げるときに、経験がある人がいれば有利に進められます。そのようなときにダイレクトリクルーティングで人材を集めれば、既存の戦力だけで事業を起こすよりも、成功する可能性は上がるでしょう。優秀な人材が集められると、企業戦略にも影響が出ます。活用方法は様々ありますので、ダイレクトリクルーティングを取り入れる企業は今後多くなるかもしれません。

社員のモチベーション向上!人事評価システム

手動で管理するいわゆる「エクセル人事評価」は、日々人事担当者の業務時間を圧迫しています。また評価自体にもバラつきがあり正当な評価受けていないと感じれば、優秀な社員は会社を辞めることになるはずです。そうならないために、テクノロジーで進化した人事評価システムを詳しく見ていきましょう。

適正評価は社員の信頼!人事評価システムにできること

多くの企業では業績の向上や業務の効率化のために、各部署にて様々なシステムが導入されています。そのような中、人事部で注目されているものといえば人事評価システムです。このシステムで実現できることはたく…

人事評価システムを導入するメリット・デメリット

人事評価システムは、人事担当者の負担軽減や各部署の社員のモチベーションアップの他、昇進や昇格の基準の適正化に役立つものとして高く評価されています。特に、新卒社員だけでなく中途社員の数が多い企業にお…

離職を未然に防ぎ、組織強化につなげることも

適正な人事評価システムがあれば、離職を防ぐことができます。実力を適正に評価されていれば不満に思うことが少なく、会社を離れようとは思わないです。適正な評価を受けないと、不満が募るでしょう。また、シス…